キャプテンスタッグのミニ焚き火台、KAMADOがオシャレで便利。

キャンプの際に欠かせないアイテムの一つに焚き火台がありますよね。
その焚き火台も各メーカーからあらゆるタイプの物が発売されていて、
使う人のキャンプスタイルや目的により好みも違ってきます。

今回は、ソロキャンパーで軽量化を意識したスタイルの方を
ターゲットにした商品の紹介をしたいと思います。

キャプテンスタッグから発売されている、小型の焚き火台「KAMADO(カマド)」です。

IMG_4215

焚き火台と言いつつも、商品名の通り釜戸的な役割も兼ねている優れ物!

お湯を沸かしたり、調理をしたりと他のアウトドア用コンロと
同じ事が出来ます。
組み立ても簡単で、数分とかかりません。

IMG_4216
開封時。
IMG_4217
全てのパーツがコンパクトに纏められています。
IMG_4220
土台となる枠。
IMG_4221
下段の板を取り付けます。
IMG_4223
受け板の位置は3段階に調整できます。目的に合わせて変えられるのはとても有難い設計ですね。
IMG_4225
次に受け板に上に網を設置。
IMG_4226
下段はこれで完了。
IMG_4228
上段を設置。
IMG_4229
サイドの枠に溝があるので、そこに合わせてハメましょう。
IMG_4230
後ろ側にもフックがあるので、そこにハメ込めがシッカリ固定されます。
IMG_4232
最後に網を乗せます。
IMG_4233
完成。
さすがキャプテンスタッグの製品。シッカリした作りだと思いました。

 

そして、このKAMADO、1番のウリは軽量コンパクトである事!
何と折りたたみ式でそのサイズB6になってしまうのです。

重さも750g(袋込み)とアウトドアコンロとしては、驚く程の軽量化を実現。
また、専用の袋も付属していて、持ちは運びにも凄くいいです。

IMG_4237折りたたむと
こんなに薄くなります。

IMG_4236
付属の専用袋。
IMG_4238
袋に入れる際も余裕がある為、すんなり入れられます。

IMG_4239
本体よりも何故か大分大きく、上部に空きスペースが出来てしまいます。

IMG_4240
まあ、袋に関しては小さいよりはいいですかね。他に入れておきたい物があれば纏めておく事も可能ですし。

IMG_4241見ての通りこの軽さ。

このコンパクトさがウケて、ソロキャンパーやライダーにも
大人気となっています。

ここで思う疑問として「それだけ小さいと食材も対して焼けなさそう」と
思いませんか?

私は最初そう思いました。

確かにこれ一つでお湯を沸かしたり、焼き肉したりを同時にする事は無理です。

しかし、1人バーベキューのコンロとしては丁度いいサイズだと思います。

IMG_4243一人分なら事足ります。同メーカー(キャプテンスタッグ)の角型スキレットを乗せてみたら、サイズがピッタリでした。

IMG_4244今回は、アルコールバーナーを使いましたが、薪や炭、固形燃料だって使えますし、ガスバーナーの五徳として使うのもアリだと思います。
どんな燃料でも対応できるの、このkamadoの魅力の一つです。

焚き火台やコンロは幾つかあり、それぞれの役割で使いつつ、同時にこのKAMADOにはカマドの役割として使う方法をとるにはとても便利なアイテムだと思います。勿論、少しだけ火を使いたい時などは、KAMADOだけで充分ではないでしょうか。

ひと昔前までは、1人用に丁度いいサイズのアウトドアコンロはありませんでしたが、このB6サイズが出てからは、コンロのバリエーションも広がりキャンプスタイルに適したコンロを選び易くなったのではないでしょうか。

ソロキャンパーには、今や必需品のKAMADO。

価格も安いので、1つ持っておく事をオススメします。

キャプテンスタッグのKAMADOで、キャンプスタイルの幅を広げ、更に楽しいアウトドアライフを満喫しましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【趣味:スポーツ(カヤック、水泳、マラソン)、キャンプ、登山、釣り、ゲストハウス巡り、デザイン、 特技:パン作り、ボクシング】 日頃からアンテナを立て新しい情報をキャッチするようにしています。優良な情報を皆さんにも提供出来るよう頑張ります。 お気軽に除いて下さい。